交通事故の治療

事故に遭われた場合、相手の自賠責保険から治療費が支払われるため自己負担は「0円」です。

<Q&A>
Q:交通事故に遭ったらどうしたらいいの?
A:まずは警察に届けを出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらも事故証明が必要となります。 他にも以下の情報を控えましょう。
○加害者の氏名、住所と連絡先
○車の登録ナンバー
○任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名

Q:カズ接骨院への通院の仕方は?
A:はじめてご来院される前に、必ず保険会社に連絡をしてください。
保険会社に伝える項目
①当院の名前『カズ接骨院』
②当院電話番号『019-613-2022』
③当院の住所『滝沢村滝沢字土沢314-3』
以上の項目を質問されます。
これを、保険会社に伝えると保険会社から当院に連絡が入ります。
そうすることで自動車保険(自賠責保険)適応治療が可能になります。

Q:他の病院(整形外科など)に通院していましたが、転院は可能ですか?
A:はい、可能です。他の医院での治療中に、整骨院に「転院」してくることに、紹介状などの必要書類は一切ありません。 レントゲンなどやMRIなど検査された方は、診断名を医師の先生に聞いて覚えておいてください。その後の治療に役立ちます。診断書をすでに発行された場合は、コピーを取らせて下さい。 本院は予約制ですので待ち時間の負担を無くし、丁寧な手技を心がけていますのでご安心下さい。

Q:他の病院(整形外科)と同時に治療することは可能ですか?
A:はい、可能です。同日の掛け持ち治療でなければ、全く問題ありません。例えば月1~2回病院で検査を受けて、他の日は手技の治療を本院で受ける方もいます。

Q:自賠責で受けられる治療期間はどれくらいまでですか? 
A:決まりはありません。目安は 3 ~ 6 ヶ月です。骨折や脱臼を伴う重傷度の高いケガはそれ以上かかる場合もあります。後遺症を残さないように完治するまでしっかり治療に専念してください。

Q:事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取扱いはできますか?
A:基本的には取扱できます。あまり時間が経過していると事故との関係がはっきりしなくなるので気を付けてください。

<自賠責保険に関する注意事項>
① まれに加害者が、 人身事故扱いだと罪が重くなるので(罰金や、減点など)、物損事故にして欲しい と警察を呼ばないケースがあります、また警察もケガの程度が軽いと見て物損事故扱いにするケースがあります。 必ず身体の治療ができるように人身事故の手続きを取ってもらうようにしてください。物損事故で処理をすると、あとから何日か経って痛みが出た場合、再び警察署に出向いて人身事故の手続きを取るようになりますので面倒になります。
② 保険会社の担当者が言うことを鵜呑みにせず、わからないことは相談してください保険会社が治療先を決めるのではなく、どこで治療を受けたいかという選択権は患者さんにあります。

<事故後の症状に対する注意事項>
圧倒的に多い症状は、衝突時にクビ、肩、背中、腰などを痛める むち打ち症 です。
また頭や腕、脚などの打ち身も考えられます。
事故を経験された方は、口をそろえて言いますが、痛みや不調は、徐々に時間をかけてひどくなっていきます。事故当初はそんなにひどくないからと放置すると、数日・数週間後や、数年後まで痛みがとれないという方がたくさんいます。
レントゲンでは判断しづらい、 微妙な骨のズレや捻れ、筋肉のひきつり、血管・神経の圧迫・脳脊髄液の循環不全などが時間をかけてゆっくりと症状を悪化させますので最初の症状が軽くても必ず受診して後遺症が残らないように治療してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする