冷え性とアーシング

冷え性とアーシングって関係なさそうですよね?!

しかし、関係が大ありなんです!

しかも、秋冬の「静電気」が発生しやすい時期はさらに!!

以下、記事引用~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

静電気が体に帯電すると毛細血管が収縮してしまうため、血の巡りが悪くなります。

そのため、結果的に身体が冷え、体調不良や意欲の低下を引き起こします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということは、静電気が帯電すると、冷え性になるということ。

秋冬は衣服の素材、乾燥により帯電しやすくなります。

その影響で静電気が体に溜まり、毛細血管が縮み、冷えるということ。

寒さ対策で靴下2枚履きとかで床を歩けば静電気が発生して、余計に冷える!!

なので、冷え性の人ほど、裸足でアーシングした方がいいんです♪

しかも、なぜ裸足がいいのかというと、足の裏にある「湧泉」というツボに刺激を入れることが目的の一つにもなってます。

「湧泉」とは、

・腎経の始まりのツボです。

・「泉のように元気が湧いてくる」と言われる生命力、精力をつかさどります。

・リフレクソロジーでは腎臓に関連。

効能は、

・婦人科疾患

・冷え性

・のぼせ

・生殖器系疾患

・腎臓、膀胱疾患

・不眠

・呼吸器

・下半身の筋肉疲労

などなど。

その「湧泉」に刺激を入れるためにも「アーシングの際は裸足がいい。」と言われています。

東北では冬場は外で裸足になることは難しいです。

ですので室内で出来るアーシングをお勧めします!!

やり方についてはお問い合わせください(^^)

参考記事はこちら↓

http://ashiura.link/acupoint/thenar/

参考記事はこちら↓

冷え性は静電気が原因かも!?アーシングで体質改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする