自律神経とCBS,筋肉反応テスト

【自律神経の乱れによる症状例】
・エアコンによる体調不良
・血圧が高いのが続く
・立った時のめまい
・頻尿(夜間も含む)
・慢性痛
・冷え、のぼせ
・多汗、無汗
など。

体の中の環境

・歪み

・腸内環境

・ホルモンバランス

・精神的ストレス

体の外の環境

・気温、気圧、温度、湿度

・電磁波

・家庭、職場

などでも自律神経は乱れます。

乱れたままだと、心身に悪影響なのです!!

CBS,筋肉反応テストでは、
・自律神経モード
・交感神経、副交感神経のチューニングカード
・血液循環、膀胱、脳、心臓、脊柱骨盤などを調べるモードやチューニングカード
を組み合わせて反応をチェックします。

参考動画はこちら↓

自律神経の初耳学 上手に調節し熱中症や腰痛予防

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする