目標は必要なのか?

何かを達成したいときに「目標設定をした方がいい!!」という話は聞いたことありませんか??

確かに「目標」を決めた方が行動の指標になっていい場合もあります(^^)

設定した目標が「本来の自分からの目標」であればの話です!!

「本来の自分」からではない目標を追いかけていると、「本来の自分」からのメッセージに気が付けないこともあります。

その結果、心身の不調を感じたり、望んでない出来事が起こったりします。

また、「目標設定」をすることで、それだけしか見えなくなり目の前にあることを見逃してしまうこともあります。

例えるなら「登山」

「頂上に登る」ことを目標としてると、その道の間に見た事がない花が咲いていても無視してしまう。友人との会話も上の空。など。

目標達成のために自分の周りにある大切な物、かけがえのないものに意識を向けられない可能性も出てきてしまいます。

CBS,筋肉反応テストでも「どうなりたいのか?」という目標設定をしてセッションする時もあります。

しかし、目標設定が必要なのか、必要ないのかもキンハンでチェックします。

【本来の自分=潜在意識】

です。

だから、「周波数、波動」「潜在意識」を筋肉を介してチェックする筋肉反応テストは「本来の自分のメッセージを訊く方法」の一つなのです。

あなたが本当に進むべき方向は、潜在意識が示してくれているんです。

参考記事はこちら↓

感覚に従い、想定外に生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする