アレルギーとアレルゲン

アレルギーとアレルゲン。

言葉の雰囲気は似てますが、意味が違います。

・アレルギーとは、特定のものに反応すること。

・アレルゲンとは、アレルギーの原因になるもの。

簡単に言えば、「アレルギーは症状」「アレルゲンは原因」みたいな感じですね。

CBSでは「アレルギー」「アレルゲン」に対しても調整を行いまます。

CBSの考えの中に、

シックネス(病気)→ヘルス(健康)→ウェルネス(積極的な健康生活)→タフネス(頑強な状態)

の流れがあり、「タフネス」を目指すという部分もあります。

CBSの師匠の言葉を借りると、

「ゴキブリのような生命力を持て。」

です(^^)わかりやすいですね!!

アレルギーやアレルゲンがあっても、CBSで調整していき少しづつ「タフネス」に近づける。

そうすることで、全く摂取できなかった食べ物でも週に1回、、2回、、と回数が増えてくるかもしれません。

CBS的にアレルギー、アレルゲンを調整するのに、

・アレルギー、アレルゲンのモード。

・アレルゲンになるものをお腹に置いてチェック。

・腸内環境のモード、チューニングカード。

・構造、化学、精神、環境のチェック。

などなどを組み合わせながらチェックして、調整

人の体は変わります。

参考記事はこちら↓

アレルギーとアレルゲンの違い

アレルギーってなあに?

セッションメニュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする