筋肉反応テストとカンジタ菌

以下の症状がある方は体にカンジタ菌が関係しているのかもしれません。
◎常に疲れている
◎気分にむらがある 鬱 ヒステリー 頭のもやもや
◎カンジダ膣炎・尿路感染症がなかなか治らない
◎口腔カンジダ症 口唇炎ができやすい
◎慢性的に鼻炎持ち
◎ゲップ、腹部膨満感、便秘、下痢、胃痛など消化器系の不調
◎ニキビ、蕁麻疹 アトピーなど皮膚疾患がある
◎主婦湿疹(皮膚カンジダである場合)水虫や爪水虫
◎更年期障害やPMS症候群、性欲減退、偏頭痛、子宮内膜症など
ホルモンバランスの乱れによる症状がある
◎難治性の歯周病
◎強い倦怠感
◎アレルギー症状
◎過敏性腸症候群や胃痛、消化不良、腹部膨満感など胃腸の不調
◎頻尿、尿道炎、膀胱炎
◎喉や鼻の慢性症状や蓄膿症
◎蕁麻疹や湿疹
◎頭痛
◎化学物質過敏症
◎酒量の許容量の低下
◎耳鳴り
◎視力低下
◎抑うつ 鬱 イライラ
◎更年期やPMSなどホルモン異常からくる症状
◎自閉症
多種多様に及びますよね。
なかなか良くならない症状には「カンジタ菌」が関係していることも頭に入れていてください。
うちでは「カンジタ菌」のチューニングカードがあるので、そのカードを使いながら他の体の部位と組み合わせて筋肉反応テストでチェックしていきます!!
参考記事はこちら↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする