水はすべてを知っている

ノーベル賞を受賞したDNA研究の世界的権威リュック・モンタニエ博士が行った実験で、

・体の情報を電磁波に変換させて、水に記憶させる。

・そしてその記憶させた水から、再度体を物質化できる。

というものです。

普段、私たちが何気なく思考したり、無意識の内に強く思っていることは基本的に「電気信号」となり、私たちの各細胞へと伝達されています。

ということは、思考や感情から発せられる電気信号は細胞に影響を及ぼすということです。

だから、細胞に何かしらの異常が出てきた場合には「思考や感情」も関係しているのです。

最近「水や食品に特定の周波数を転写する」技術の応用が広がっているそうです。

うちでも周波数を転写したカード「チューニングカード」を使っていますよね♪

水に周波数を転写できるなら、全体の約60%が水である人間にも応用できます!

これからの時代は「周波数」がどんどん「普通」になってくるはずです。

見える世界と見えない世界。どちらも大切。

参考記事はこちら↓

水は全てを知っている!?今後人間の健康に大きく関係する「水は情報を記憶することができる」驚愕の事実とその活用事例。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする