クスリのリスクと体の調整

「クスリ」って反対から読むと「リスク」になるって知ってました??

薬は体内で起こることを外部から強制的に行わせる方法の一つです。

だから、

・体内で作れなくなったものを補充する。

・期間限定で適量を使用する。

という使い方であれば問題ないと思います。

しかし、現実は「薬物依存」のように大量の薬が処方され、「飲まないと不安だから」という理由で無意味に飲み続けています。

薬の主な副作用として、胃部不快感、みぞおちの痛み、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、浮腫・むくみ、発疹、蕁麻疹、眠気、発熱などがあります。

その副作用を感じると、副作用の症状を抑えようと更に違う薬を飲むという・・・。

そんな体の状態でマッサージを受けたり、整体を受けても体が思うように反応しない場合もあります。

整体

マッサージや整体を受けても思うように改善しないのは「薬を過度に服用している」ことも原因かもしれませんよ!!

参考記事はこちら↓

薬を飲みながらマッサージを受けても、無意味です。なぜマッサージを受けてもスッキリしないのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする