筋肉反応テスト×歯科

筋肉反応テストは自分が持っている技術を更に高めてくれるツールです。

今回は、「筋肉反応テスト×歯科」です。

先日、クライアントさんが、
「親戚でずっと鬱だった人が歯の詰め物を変えたら元気になっていまでは外を飛び回ってる(笑)」と言ってました。
 
そして、
「自分の今の不調は親戚と同じように歯なのかもしれない」
というので、筋肉反応テストでチェックしました!
 
調べてみると、不調の3割は歯が原因と反応がありました。
ただ、この反応を歯科医に伝えて、
患「筋肉反応テストで今の詰め物に反応があったので、詰め物変えてください!!」
歯科「了解しました!!反応が無いものに詰め替えましょう!!」
という理想的な流れになればいいのですが(;^ω^)
ということは、歯科の先生に「筋肉反応テスト」を伝えた方がいいということですよね!
 
いまやコンビニと同じ位多いという歯科。
自費治療にしても他院との差別化が必要。
ということは差別化の一つに「筋肉反応テスト×歯科」というのはいかがですか?!
・歯を治療することで全身症状が改善
・歯が原因だと思っていたら、違う場所が原因で調整したら改善した
っていう歯科の先生が増えたら最高ですよね!!
無駄に歯を削らなくてもいいし、必要な時は必要な場所を処置してくれるんです。
筋肉反応テストを勉強したいという歯科の先生募集してま~す!!
参考記事はこちら↓
筋肉反応テストを使う歯科医 藤井佳朗先生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする