原因と症状

・同病異治
同じような病気でも治療法は異なる。

・異病同治
違う病気なのに治療法は同じ。
ということです。

「原因」が同じでも「症状」が違う場合は同じような治療になる。
「症状」が同じでも「原因」が違う場合は全く違う治療になる。

これ、すごく大切!!
そして、接骨院、整体院に行って、「同じような症状」で過去に1回で良くなったのに、今回はなかなか改善しない。というのは当たりまえにあります!

たぶん、それは「同じような症状」であっても「原因」が違うから。

CBS,筋肉反応テストでは「原因」にもしっかりフォーカスしていきます。
調整の仕方もその都度やセラピストによって違います。

どんなことをやっていたとしても、クライアントさんの乱れた周波数、波動を「その時にあった調整方法」を行っています!

セッションメニュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする