症例報告「イボ」

・性別、年齢:女性、6歳

・症状:2018年1月位から左足にできたイボ

・状態と調整(筋肉反応テストでチェック)

1、触って反応(まずはここから調整)

2、触る+様々な情報で反応あるものを探す。

調整方法もその都度変わり、背骨の調整や霊気を当てたりしました。

・結果:3月22日から調整を始めて4月4日で画像のような状態になりました。調整の回数は5~9回くらいだと思います。毎日はやりませんでした。

病院には行きませんでしたが、状態や情報によると「ウィルス性イボ(尋常性疣贅)」だと思われます。

筋肉反応テストチューニングカードモードを使いながら、足の状態をチェックし、最適な調整を繰り返したのが良かったと思います。

以下、参考記事引用~~~~~~~~~

ミルメシアに限らず、ウイルス性のイボは自然治癒することがあります。ただし、割合としてはあまり多くないと考えられます。

ミルメシアに限らず、イボの治療には特効薬や特攻的治療法がまだないため、治療に関しては主治医とよく相談してください。また、治りにくく再発しやすい病気なので、神経質になりすぎず、根気よく治療することが大切です。

・もう1例

<症例報告>
・30代、女性
<症状>
・2年前から右のかかとに出来たイボ
<状態と調整>
イボに対して情報を筋肉反応テストでチェック。
その情報を何で調整するのかを筋肉反応テストで選んで行いました。
<術後>
4月7日にイボに対する相談がありました。
半年位前と3月20日に液体窒素で治療していたようですが、治療後は10日ほど痛くて靴を履けないので、3回目は悩んでいるということで連絡がありました。
4月9日に1回目の調整。
4月19日に2回目の調整。
4月27日に連絡があり、画像のようにポロリと取れたとのこと!!
【老人性イボ】
4月14日から6月21日の画像比較。
約2ヶ月で11回の調整。
1回の調整時間は約10分。
CBS、筋肉反応テストで調整してます。
イボの情報を読むとまだ変化するようなので、調整継続です。

参考記事はこちら↓

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)を自力で完治させた治療経過まとめ

子供のミルメシアとは?足の裏のイボが痛むときは要注意!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする