活性酸素の対処法

酸化、炎症、糖化という言葉を聞いたことはありますか??

上記の3つが病気の9割を作っているともいわれています。

一定量の活性酸素は体内にとって必要ですが、酸化ストレスなどにより量が増えすぎると、様々な酸化ダメージを細胞に与えます。

「酸化=サビ」です。

活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させることで老化やさまざまな病気を引き起こす原因になると言われています。

<酸化すればカラダに様々な害が・・・>

・老化
・シミ、ソバカス、しわ
・動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性痴呆などの原因になります。

アーシングをすると地球から身体へ自由電子の移動が起こり、自由電子により速やかに余分な活性酸素は中和されます。不要な活性酸素がなくなり、アーシングがアンチエイジングや抗酸化効果をもたらしてくれると思います。

活性酸素の対処方法には、

・ビタミンA,C,E

・アーシング

・水素

などが挙げられます。

うちではアーシングをオススメしています!!

アーシングについて

参考記事はこちら↓

カラダのサビと言われる酸化の原因とは!?

アーシング上級編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする