潰瘍性大腸炎と筋肉反応テスト

うちなら
・内臓のモード(情報抽出方法)

・内臓のチューニングカード(周波数をコピーしたカード)

・炎症のチューニングカード

・背骨のゆがみ

・感情のチューニングカード

・腸内環境のモード

・ストレスと感じることを思い出してもらう

・自律神経のチューニングカード
などなどを組み合わせて筋肉反応テストで調べるかな~。
そして「乱れた周波数」に対して「整える周波数」が何かを筋肉反応テストで調べて行うと思います。
西洋医学的なアプローチも大切ですが、東洋医学・波動医学のアプローチもすることで回復のスピードが変わってくると思います!

参考記事はこちら↓

“潰瘍性大腸炎”は本当に”不治の病”なのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする