筋肉反応テストをする前にしておくこと

筋肉反応テストをするにあたって、「スイッチング」を解除しておくことは大切です!!
例えるなら、
・目盛りが「0」ではない体重計に乗る→正確な体重が測定できない。(スイッチングがある状態)
・目盛りが「0」の体重計に乗る→正確な体重が測定できる。(スイッチングが解除してある状態)
です。
・筋肉反応テスト
・筋肉反射テスト
・Oリングテスト
・ダウジング
などを行う際にスイッチングを解除せずに、反応を伝える方がいたら「スイッチングは大丈夫ですか?」と聞いてみてください(^^)
「CBA公認筋肉反応テスト講座」ではスイッチングの解除の仕方も伝えてます♪

参考記事はこちら↓

7. 筋肉反射テストの前に、必ずスイッチング(エネルギー極性反転)を解除せよ

スイッチングの解除方法も伝える講座はこちら↓

CBA公認筋肉反応テスト講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする