鼻・目だけでなく皮膚炎も 知られていない花粉症

2018年2月に行われたCBSアドバンスセミナーでも教えていただきました!!

皮膚の

・ただれ

・傷

・乾燥

などで皮膚表面のバリア機能が働いていないと、そこからアレルギー物質を取り込んでしまいアレルギー反応が起きてしまいます。

その名も「皮膚感作」

でも、皮膚表面の状態を改善することで皮膚からのアレルギー反応は防ぐことが出来ます!!

今の時期、花粉症でマスク、眼鏡で防御していても、露出している肌のバリア機能が崩れていたら、そこから花粉に反応してくしゃみ、鼻水、皮膚炎などを起こしますよ!!

そのうち「全身タイツ」「眼鏡」「マスク」で歩く人が増えるかも?!

いやいや、その前に調整するなら、

・免疫システムのチューニングカード

・花粉、花粉症のチューニングカード

・背骨の歪み

・総合的生命力

・炎症のチューニングカード

・アレルギーモード

・皮膚のチューニングカード

などを組み合わせて、筋肉反応テストで反応をみながら調整していきます!!

あなたのお悩みは筋肉反応テストで解消するかもしれませんよ!!

参考記事はこちら↓

鼻・目だけでなく皮膚炎も 知られていない花粉症

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする