潜在意識は何でも知っている

頭で考えている「思考」「顕在意識」は嘘をついたり、見てみぬふりが出来ます。

しかし、「潜在意識」は嘘がつけないので、身体反応として教えてくれたり、直感やひらめき、夢などで気づかせようとしてくれます。

関連画像

「顕在意識」は、

・意識全体の5~10%

・意思決定、判断

・自覚できる意識

「潜在意識」は、

・意識全体の90~95%

・あらゆる記憶の保存、思考パターン、性格

・自覚できない、自覚しにくい

と言われています。

顕在意識よりも潜在意識のほうが情報量が圧倒的に多いので、潜在意識に問い合わせた方がいろいろな情報を得られます。

潜在意識に問い合わせる方法は、

・左手を使う。(右脳(潜在意識)と繋がっている左手。関連ブログ

・夢を分析してみる

・体の反応を観察する

・筋肉反応テストを使う

などなど。

そう、「筋肉反応テスト」も潜在意識に問い合わせる方法の一つなんですね~( *´艸`)

・体の「症状」の「原因」を知っているのも潜在意識。

・自分の性格を知っているのも潜在意識。

・自分が本当はどう思っているのかを知っているのも潜在意識。

だから、潜在意識から情報を引き出し、顕在意識で認識することが大切なんです。

だって、顕在意識は「意思決定、判断」に使う意識なので、認識しないと「行動」が起こせないんです。

「行動」するには「動く」という意思決定が必要ですよね。

だから潜在意識の情報を顕在意識に持ってきて、行動へ繋げることが大切なのです。

筋肉反応テストを使って自分の潜在意識に問い合わせてみませんか??

CBA公認筋肉反応テスト講座

筋肉反応テストについて

セッションメニュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする