ペットのしつけにも「心」が大切。調整するには「波動」も大切。

犬のしつけでも「心」に着目する時代

ある日の新聞の記事~~~~~~~~

・犬の問題行動のほとんどの場合、人間にとっての「問題」であり、犬は飼い主を困らせようとはしていない。

・しつけ本を参考にしつつ、目の前の犬を見て、向き合って、思考錯誤を繰り返してほしい。

・飼い主に「どうしたら言う事を聞かせられますか?」とよく尋ねられますが、人間で考えるとすぐわかる。言う事を聞かせられるはずがないのです。

~~~~~~~~~~

これはペットに限らず、子育て、人間関係でも同じこと。

・私にとっては「問題」でも、相手(子ども)は問題だと思ってない。

・しつけ本やネットの情報が「正解」ではない。「参考」にしてもいいけど、当てはめようとしなくていい。

・他人(子ども)を自分の言いなりにしようとすること自体がおかしなこと。

自分の価値観

世間の情報が正解

ということに無理やり当てはめないこと。

むしろはみ出てることの方が多いんだから。

それが「個性」です。

個性を潰したいですか??

犬や子どもにも意識があり、波動があります。

飼い主や親を使って筋肉反応テストしたり、

セラピストの筋肉を使って筋肉反応テストして

状態のチェックや調整、会話をします。

ペットや子ども(胎児)の調整は、意識にといかけて、許可が取れたら行います。

ペットの波動調整 ネコ編の症例報告

ペットの波動調整 リクガメ編

セッション依頼お待ちしてます。

【SNSリンク集】

様々な情報を投稿してるので見てください。 チャンネル登録もお願いします♪ ...

チャンネル登録もよろしくお願いします♪

【上野和人】

https://www.youtube.com/channel/UCUUbUZRkKpdncAPW05mOhFw

【波動調整動画】

https://www.youtube.com/channel/UC7YhMO_YfvBxrcGz4FZ-1fA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする