「何をしているか」よりも「誰がしているか」が大切です。自分の状態にあったセラピストを選んでください

測定、計測したことがパソコンや画像としてわかりやすく出てくるから、それが「確証」としてもいい??

例えば血圧。

病院で測ったら「高血圧」

自宅で測ったら「正常血圧」

どのタイミングで計測したか

どういう状態で計測したか

誰がそれを読み解いたか

を考慮したほうがいいよね。

波動に対しての「装置」での測定も同じだと思う。

誰が、どんな状態で、何で測定したのか。

見えないものを扱うからこそ、見える部分が大切になる。

参考動画はこちら

チャンネル登録もお願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする