過去世、前世、過去は「記録」されている。

過去世、前世、過去は「記録」されている。

それが「記憶」になくても。

「時遡行」は過去の履歴を見るようなもの。

ただ、僕は必要がなければ遡らない。

過去を癒すことが必要ならみる。

過去の経験が今に活きてるなら、それでいい。

過去世、前世、過去と気にするよりも、

「今」を生きようよ。

参考動画はこちら

チャンネル登録もお願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする