バイオレゾナンス療法とCBSとラジオニクス

【バイオレゾナンス療法】

簡単に言うと、問題の波動状態と逆の波動状態を流すことで中和させて正常にし、自然治癒力が働ける状態にするというもの。

例えば乱れた波動(-5)に逆の波動(+5)を流すことで(0)にする。

機械が無いけど真似出来ないかな~と思ったけど、すでにリソースはある。

CBSで波動カードを組み合わせて、筋肉反応テストで異常を探す。

情報を集めて調整する。

いつもやってること(笑)

でも、触ってほしくないという人もいる。

そんな時はラジオニクスとCBSを組み合わせて異常を探す。

調整もラジオニクスから波動を送ればいい。

しかも遠隔可能♪

測定項目と測定値を出すことで可視化出来る。

あ、それも5項目調整でやってる(笑)

なんだ、測定項目変えてやればすぐできるじゃん♪

装置は違うけど、CBSとラジオニクスで対応可能です。

やってて良かったCBS

持ってて良かったラジオニクス

バイオレゾナンス療法BICOMの説明はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする