交感神経が興奮しすぎると【過覚醒】の状態になる。症状と対応。

慢性的なストレスが加わると、

穏やかな環境の中にいても交感神経が落ち着かない。

その状態を【過覚醒】という。

症状は、

口が渇く

肩凝りや頭痛

動悸、そわそわ感、めまい、ふらつきなど

食欲不振や便秘、下痢など

不眠、途中覚醒から再度寝れない

痛みに過敏、疲労感が強い

対応は、

職場と自宅の往復を避けて、途中でどこかに立ち寄る。

新しいことを同時に行わない。

マッサージなどの受容的な癒やし

ランニングなどの能動的な癒やし

などを数個用意すること。

自分の体の状態が【過覚醒】によるものなのか、違うものからなのか。

慢性的なストレスを感じていませんか?

「あれくらいのストレスはストレスに入らないよ!」 と口で言っても、自律神経が反応してたら立派なストレスです。

お気を付けください。

セッション依頼お待ちしてます。

https://doctorsfile.jp/h/29837/mt/1/?fbclid=IwAR18O3T4j4ZAbpgjEY-9tzzvTVxxmYAIcTgUk9KS3Ery8FGu6bDsg0mktm4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする