睡眠と脳、腸内環境、子宮内環境

腸脳相関(腸と脳は互いに影響しあっている)

だから腸が乱れると脳に、

脳が乱れると腸に影響する。

この実験では抗生物質投与により腸内環境を乱し、脳の睡眠に関わるメリハリが弱くなったとか。

という事は抗生物質を使いすぎると腸内環境が乱れて、睡眠の質が悪くなる。

そして腸内環境は子宮内環境にも影響する。

子宮内環境が乱れると妊娠にも影響が出る。

睡眠の質を上げるには腸内環境も大切。

記事はこちら

https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/news/1626/?fbclid=IwAR06U0V1lZGFKiw7IoueeJ0oNMY9MY1ApJVM6dUPGYwIO-90hD7FycDCYog

子宮内フローラについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする