過敏性腸症候群と筋肉反応テスト

過敏性腸症候群
脳がストレを認識することでセロトニンが分泌されて腸の活動が異常になる。
そしてそのストレスは自覚が無くても、脳が「ストレス」を認識すれば体に影響が出る。
(ガッテンより)
キンハンのセッションでもよくあります。
「○○についてストレスの反応が出てますよ。」
と伝えても
「え~、そんなことないですよ~♪」
というクライアント。
自分が何にストレスを感じているか自覚できないと、知らないうちに過敏性腸症候群になるかもしれない。
調整するなら、脳、腸、ストレス、自律神経、ホルモンなどを組み合わせながら体を整え、ストレス耐性を高める調整ですね♪
CBSは「タフネス」まで心身を高めます(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする