キネシオロジーは目に見えない体の状態をバイオフィードバックする方法

バイオフィードバック療法
目に見えない体の状態を体感で認識することで、客観的に体の状態を捉えることが出来る。
例えば、
「胃の状態が悪いから不快なんだ。」
という人に、エコーや胃カメラで
「胃には問題がない。」
という事を認識してもらうだけで、胃の不快感が軽減するなど。
(ガッテンより)

キネシオロジーの筋肉反応テストや徒手筋力検査もバイオフィードバックです。
体の状態に対して筋肉の力の入り具合が変わる。
異常反応で筋肉に力が入りにくくても、調整して正常反応になり筋肉に力が入りやすくなることを感じる。

筋肉を介してバイオフィードバックしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする