不調時と好調時では調整の目的が違う

不調時の調整は水をかき出す作業。

好調時の調整は容量を増やす作業。

痛みがありながら使ってるのは蛇口から水をドバドバ流して、さらに自分の容量から水が溢れている状態です。

蛇口の水を止める。

貯まった水をかき出す。

症状が落ち着いたら、ストレスに耐えられるような心身を再構築する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする