マルトリートメントと脳

マルトリートメントとは、
『不適切な関わり、不適切な養育』
という意味です。
『虐待』もマルトリートメントの中に含まれるようです。

虐待までいかなくても、威嚇、暴言、無視、
更には子どもの前での夫婦喧嘩
もマルトリートメントに入ります。

このマルトリートメントが子どもの脳に悪影響を及ぼすのです。

夫婦喧嘩を子どもの前でする。
それを子どもが見たり、聞いたりしてる。
それにより、子どもの脳が肥大、萎縮する。
その影響で発達に変化が起こる。

この前、何かでやってたけど、
『夫婦喧嘩はLINEでやってください。』
って言ってたな~。
・文字にすることで伝えたいことが明確になる。
・文章を作ることで客観視出来る。
というメリットもあるけど、
・子どもの脳を守る。
というメリットもありますね(^^)

あ、あと夫婦喧嘩じゃなくても、運転中の暴言やテレビに対しての暴言にも注意!!
子どもが聞いてるかもしれませんよ~(^^;

そもそも、暴言という波動がダメだよね(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする