愛着システムとストレス反応

覚え書きとして。

ストレスを受けた際に、冷静に対応できる『ポリヴェーガル神経系(腹側迷走神経系)』。

このポリヴェーガル神経系は幼少期の愛着形成とも関係している。

愛着障害がある場合は、冷静な対応よりも、
・パニック、過剰反応 (SAM系)
・すくみ ひどくなると失神 (HPA系 背側迷走神経系)
の反応を起こす可能性が高い。

ストレス対応と愛着システムが繋がってくる。

すでにCBSセミナーで習っていた。
それを繋げるのに時間がかかってるのは、僕の処理能力の問題です(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする