うちでは診断はしません。

たまにクライアントに、
『私の内臓の状態はどうですか?!
安心できる状態なのかを知りたいんです!!』
と言われることがあります。

その時の僕の答えは、
『安心材料が欲しいのであれば、医療機関で血液検査などを受けてみてはいかがですか?』
と伝えます。

同じような感じで、
『僕はヘルニアですか?』
と聞かれる時もあります。

その時の答えも、
『診断が出来るのは医師だけです。ヘルニアかどうかは画像検査を受ければわかるので、気になるようであれば病院の受診ですね。』
と答えます。

これは、冷たく対応しているわけではなく、
代替療法では『診断』はしません。
だから、病院で検査、診察をしてもらったほうが『診断』として情報を得られるのではないかと思っているからです。

うちでは、あくまでも『波動の状態』をチェックして調整しています。

うちでは『診断』はしません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする