波動が先、現実は後

【波動が先、現実は後】
物質はどんどん細かくしていくと、
物質→分子→原子→原子核→陽子・中性子→素粒子→ヒモ
という風に小さくなります。

素粒子は常に振動しているので波動を持っています。

ということは、物質も波動がもとにあり、それが物質化している。

クラドニ図形のように、特定の周波数では特定の形になる

特定の周波数が特定の物質になる。

波動を整えることで、整った現実を作る。
波動が乱れてると、乱れた現実を作る。

【原因と結果の法則】
は、
【原因(波動)と結果(現実)の法則】
ということです(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする