まずは養育者から癒される

【まずは養育者から】
頑張ってる養育者ほど、ついつい配偶者や子どものことを優先にして、自分を後回しにしがちです。

でも、子どもと長く接している養育者が癒されて安定していると、子どもや配偶者の安定にも繋がるんです。

養育者が疲れていたり、波動が乱れていたりすると、一番先に気がつくのは子どもです。
・子どもの不調が続いてる。
・子どもが離れたがらない。
という状況は養育者のために子どもがあえてやっているかもしれない。

また、
・子どもの泣き声でイライラしてしまう。
・子どものやっていることにイライラしてしまう。
という状況は養育者の体力面、精神面がいっぱい、いっぱいになっているかもしれません。

養育者から癒されて、息抜き、毒出ししましょう♪

キンハン、タロット、ラジオニクスでも対応しますし、ただひたすらマッサージを受けて帰るのもありだと思います♪

少しでも養育者の『安全基地』になれるように僕自身も整えておきます(^^)
そして、愛着について勉強します!!

本人自身の問題の場合もありますが、
子どもの問題は養育者の問題。
養育者の問題は世代間の問題。
という考え方も知っておいてください(^^)

だからと言って自分を責めないでね!!
繋がりの問題や自分に余裕が無かっただけなんだよ(^^)

写真の説明はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする