親と子とCBS、筋肉反応テスト

親が望んでいても、子は望んでいない時もある。

子が言うこときかないから、怒ったりして親の枠の中でコントロールする。

例えば、
「外は危ないから室内遊びだけで十分。」
という考えの親で、室内遊びをさせている。
あるとき外で遊ぶ機会になり、子を外に連れていき、
「遊んできなさい。」
と言う。
でも、子は遊ばない。
遊ばない子に対して、
「せっかく外に連れてきたのに、遊ばないってどういうこと?!もう二度と連れてこないからね!!」
と怒る。

これっておかしいのわかりますよね?
子は、親の望みで「室内遊び」だけしてて、「外遊び」の仕方を知らない。
それなのに、いきなり「外で遊んで!!」と言われて何をしていいかわからなくて、遊べない。
それを怒る親がおかしいんです。

親の影響は子に残る。
その影響が足かせになり、不自由に生きる場合もある。

キネシオロジー、CBSでは、子どもに対しても筋肉反応テストを行います。
親の筋肉を使って、子どもの波動や潜在意識の状態を知るという「代理テスト」もできます。

子の望みを知るのにキンハンを活用してみてはいかがですか?
知らないで生活するのと、知って生活するのでは、結構違うと思いますよ(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする