【期待や祈り】
人は期待された通りの成果を出す傾向があるという理論、『ピグマリオン効果』というものがあります。

ただし、期待や祈りは強いものより淡いもののほうがいい。

強い期待や祈りは執着になります。
執着は整った波動というよりは荒々しい感じの波動。

意図を発信したら、あとは委ねる♪
あとは自分を整えておく♪

荒れてる水面に小石を投げても気が付かないけど、穏やかな水面に小石を投げれば気が付ける。
同じ刺激でも、自分の水面が荒れてるか穏やかなのかで受け取り方が変わります。

どんな出来事でサインが来るかわからない!!
スムーズにキャッチ出来る自分でいないとね(^^)

CBS、筋肉反応テスト、ラジオニクスでは波動の測定と調整をします(^^)

参考記事はこちら
https://ameblo.jp/inthetic/entry-12461541123.html?fbclid=IwAR2nFboNFYA3t_5RcPX-V92mGqCwV56FwDW6MCMOcj7AzG_XTNslE9cyWjQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする